購入したビットコインの保管方法 - はじめてビットコインを購入してみる

HOME » 初めてのビットコイン » 購入したビットコインの保管方法

購入したビットコインの保管方法

ビットコインは決済システムのひとつであり、日本においてもユーザー間だけではなく一般的な販売店などでも使用できます。
前はさほど扱っている店舗は多くなかったのですが、2017年は仮想通貨元年と呼ばれるくらい認知度が高まりました。
そのため取り扱い店舗も増加傾向にあり、将来的には様々な仮想通貨で支払いをすることができる時代が来ると考えられています。

そんな仮想通貨について購入したらどのように保管すべきかは気になるところではないでしょうか。
購入したビットコインの保管方法について理解を深めることは安定した運用にもつながるでしょう。

ビットコインを保管する目的とは何なのでしょうか。
まずビットコインは決済システムのひとつであることから、目には見えないお金という考えもあります。
そのため実際の現金同様に普段使わないお金や大切な資金に関しては保管することが大切なのです。
ビットコインはオープンでセキュリティの高いシステムであることから基本的に失われる心配はないのです。
しかし過去には取引所がすべてのビットコインを盗まれたと申告し、利用者のビットコインがすべてなくなってしまったことがあります。
また通貨として認められていないため現金や金融商品同様の保護を受けることができない場合が考えられます。
取引所がある日突然つぶれてしまったら、あなたの預けていたビットコインは返ってこないという可能性も高いのです。

ビットコインを保管する方法としてウォレットに入れるということが一般的です。
ウォレットとはその名の通り財布の役割をし、オンラインもしくはローカル環境でビットコインを保管することができます。
まずインターネット上にウォレットを作る方法があります。
ウォレットサービスを提供しているサービスにアカウントを作成することで、いつでもインターネット環境に保管することができます。
インターネット上のウォレットサービスを利用する際には信頼できる媒体を選ぶ必要があります。
またスマートフォンアプリに格納することもできます。
アカウントがあればいつでも扱うことができます。

次にローカル環境に保管する方法があります。
パソコンにウォレットを作成しパソコン上で管理するウォレットはインターネット上のサービスよりもよりしっかりと保護することができます。
しかしパソコンが壊れてしまうと紛失する恐れがあります。
パソコン上だけではなく端末やUSBにビットコインを保管することも可能です。
ハードウォレットと呼ばれており、そのハードさえ無くさなければより強固にビットコインを守ることができます。
ただしUSBとパスワードごと盗まれると取り返すことが難しいですし、ハードが壊れてしまったら場合によっては取り出すことができなくなってしまうケースが考えられるでしょう。