ビットコインの購入比較 - はじめてビットコインを購入してみる

HOME » 初めてのビットコイン » ビットコインの購入比較

ビットコインの購入比較

ビットコインを筆頭に仮想通貨が盛り上がりをみせています。
将来は紙幣がなくなり、電子マネーなど目に見えないお金が主流になると考えている識者も多いです。
そんな紙幣価値が目まぐるしく変わる時代に、ビットコインをはじめとした仮想通貨を購入したいと考える方も少なくありません。
実際に購入するのであればよりしっかりと情報を知り、比較を行ってから行うのが良いでしょう。
これから仮想通貨を購入したいと考えている方にむけて、ビットコインの購入比較を行ってみましょう。

ビットコインを購入するとなると販売所かまたは取引所から購入するということになります。
いずれの場合も決済してしまえば個人の所有となります。
取引の際には現物取引と信用取引があります。
現物取引とは実際の現金と同額のビットコインを購入するということになります。
例えば2018年現在ビットコインの時価は1ビットコインあたり約120万円となっていますが、120万円を用意して1ビットコインを購入することが現物取引です。
つまり現在の時価に合わせた日本円が必要になる購入方法です。

次に信用取引で購入することもできます。
取引所によっては現物取引のほか、信用取引でビットコインを購入することが可能です。
他のビットコインの購入について比較する

信用取引とは個人信用に基づいて証拠金の範囲内で大きな資金を活用して購入するということです。
これから1ビットコインを購入しようとした時に120万円を持っていなくても信用に基づいて購入処理を行うことができます。
いわば借金をして購入するので日常生活に活用するというよりも投資目的で購入し、差額で儲けを得るための購入方法です。
そのため大きな金額を持っていなくても、大きな資金を動かし利益を得ることができますが、逆に価値が下がってしまうと損失が出てしまいます。

ビットコインを購入するにあたって取引所ごとの手数料などで比較して、選ぶことが肝心です。
ビットコインを購入するにあたって手数料は気になるポイントのひとつ、たくさん決済する場合それに応じて手数料が発生しますので取引量が多い方は手数料の少ない取引所を選ぶべきでしょう。
また使いやすさでも選ぶ必要があります。
ビットコインはスマートフォンから購入し、現実で決済できるという場面も増えてくることが予想されています。
スマートフォンアプリがあることや、保管なども信用できるかどうかなどの使いやすさでも選ぶ必要があるでしょう。

そしてその他付帯サービスでも比較したいですね。
取引所によっては信用取引のレバレッジが高くできるもの、保障サービスが手厚いもの、手数料をキャッシュバックしてくれるものなどもあります。
個人が欲しいサービスを比較して選ぶと良いでしょう。